« 頚椎のゆがみ | トップページ | 顔のゆがみ(非対称) その1 »

顔や全身と調和していない入れ歯

Khsenaka_3 入れ歯の具合が悪くて来られた患者さんです。

自分で削って調整したり、近所の歯医者さんでアタリを削ってもらったりしているうちに、噛み合わせがおかしくなって、耳や顎関節まで痛み出した・・ということで、来院されました。

ワタシはお口だけでなく、患者さんが椅子に座るまでの動作、椅子に座ったときの姿勢などもチェックするようにしています。

Maeline2 例えば全身のバランスが取れている方は、普通は治療椅子にまっすぐに座られるのですが、時々身体が偏った状態で座られる患者さんがおられます。

この方を真正面から観察すると、背後の治療椅子の見え方が左右で異なります。

すなわち、a<f、b>e、c>dなんですね。

これにより身体が左右対称でなく、傾きか捻れがあることがわかります。

また咬合平面板というものを噛んでいただいたのですが、この板が右下がりとなっていて、左右の目を結んだ線とは平行になっていません。

Hanakuti3 とりあえず今の入れ歯を修整しましたが、まだまだ鼻も口元も左右対称でないことがおわかりでしょうか?

また左右の歯の高さが異なっているので、向かって右側の歯は歯肉が見えています。

修整にも限界があるので、仮の入れ歯を作ってみました。

Hanakuti4 このように左右の歯のバランスを整え、適正な高さにすることによって、鼻と口元の偏りが消えて、ほぼ左右対称になっています。

いわゆる自然な表情が取れるようになり、また耳や顎関節の不快症状も消失されたそうです。

現在はこの仮の入れ歯を参考に、最終的なかぶせものと入れ歯を作っているところです。

単に入れ歯の型取りをして、お口に入れてハイ完成!というわけにもいかないケースが沢山あります。お口全体を見直す必要のある難しいケースは、どうしても歯科医師間に差がついてきますので、歯科を極めるには日々研鑽あるのみですね。

日々の臨床では患者さんに教えてもらうことだらけです。

|

« 頚椎のゆがみ | トップページ | 顔のゆがみ(非対称) その1 »

お口と全身との関係」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。はじめまして、顎関節症と口角の左右の歪みが気になり調べていました所、このホームページに行き着きました。私は大阪の堺市在住の女性です。噛み合わせが悪いせいか口の歪みが気になります。どこかいい歯科病院が有ればと探していました。先生のブログや治療の臨床の写真を見させて頂き、城東区で開業なさってると書いてあったので是非治療して頂きたいのですが可能でしょうか?お忙しいのに突然すみません。お返事宜しくお願い致します。

投稿: yuki | 2009年1月12日 (月) 15時52分

わっぴぃです。コメントありがとうございました。
プライバシー保護のため、直メールで返信させていただきました。
直メの方で詳しいやりとりをしていきましょう。

投稿: わっぴい | 2009年1月12日 (月) 16時26分

こんにちは。ブログ拝見しました、先生の言われていることにとても興味があります先生とメールかなにかでお話したいです、もし私の考えと合致するなら治療に伺いたいです。

投稿: chie | 2016年10月17日 (月) 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 顔や全身と調和していない入れ歯:

« 頚椎のゆがみ | トップページ | 顔のゆがみ(非対称) その1 »