« 初夏を思わせる伊勢路 | トップページ | 台高の新緑 »

台高をゆく(和佐羅の滝~伊勢辻山~明神平)

先週は明神平から薊岳を回り、最後は道をロストして植林帯を直降麦谷に下ってしまったわけですが、今度は反対側の伊勢辻山から明神平を回るルートを計画しました。友人夫妻らと同行ですので、勢い余って間違った道を突っ切ることもないでしょう。

Photo

大又口から沢沿いに登っていくと和佐羅の滝があります。結構ボリュームのある滝で、新緑とのコントラストがとてもキレイでした。この滝の高巻き道を強引に登っていくと、鹿のミイラが横たわっているのに突然出くわし、ビックラこきました。

Photo_7

Photo_2

よく踏まれた沢添いの道をつめていき、最後はよじ登るように稜線に出ると、ほどなく好展望が開ける伊勢辻山です。ここからは大峰や吉野、そしてはるか金剛・葛城のパノラマを楽しむことができます。

Photo_6

稜線付近の木々はまだまだ芽が出たばかりですが、そのかわりに馬酔木の花が揺れていました。ここから国見山までは、この季節は360度の展望が楽しめる快適な尾根歩きです。

Photo_4

標高が1200mを越えるあたりで、バイケイソウの集落とブナ林が目立ってきます。茶色と緑色のコントラストが春の台高らしいですね。

Photo_5

明神平でしばしの休息の後、山を下りていきます。振り返ってみると、新緑の向こうに青空が広がっていました。

|

« 初夏を思わせる伊勢路 | トップページ | 台高の新緑 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台高をゆく(和佐羅の滝~伊勢辻山~明神平):

« 初夏を思わせる伊勢路 | トップページ | 台高の新緑 »