« 矮小歯と正中離開 | トップページ | 幌尻岳をゆく -その2- 七ツ沼カール »

幌尻岳をゆく -その1- 仮ゲート~幌尻山荘

海の日の連休に北海道まで行ってきました。
日本百名山の幌尻岳と、百名城の松前城が主たる目的地です。

さてこの幌尻岳、百名山の中でも最も難易度が高いと言われています。
あくまで百名山の中での話で、そら~百名山以外に登頂困難な山はなんぼでもありますけど、ともかく百名山制覇を狙っている人にとっては、この山を登れるかどうかがカギなんです。

難易度が高い理由ですが、まずアプローチが大変です。
JR日高本線の最寄り駅から登山口の仮ゲート(本ゲートから2.5km手前に設定されて、林道歩きが長くなっています)まで、公共交通機関はありませんから、往復3万円ほどするタクシーを飛ばすか、車を手配しないといけません。それに帰りのタクシーを予約しても、悪天で予定が狂うと、携帯も通じにくいし、30km以上離れた町から来るタクシーは、お客さんが予定通り下山してこないと、とんだ待ちぼうけになってしまいます。自家用あるいはレンタカーで来る場合、仮ゲートまでの20kmほどの道は轍のあるダートで、ときどき底をこすったり、石ころが当たったりするのでご注意を。

そしてそこから林道を10km歩き、川の中を2時間ほど進み、ようやく幌尻山荘に到着です。ここは素泊まり専用で、宿泊できるのは40数人ほど。炊事は各自で仕度ですが、5・6月の時点で夏の週末の予約は満杯となっていました。あ、増水していると、徒渉が危険になることも度々ですから、天気予報のチェックも怠りなく。

さて目指す幌尻岳は山荘からさらに4時間、標高差1000mの登り、そこからテントを張れる七つ沼カールまではさらに2時間必要ですから、テント泊の者は、一日に10時間歩くか、途中でビバークしないといけません。山荘周辺は原則的にテントは張れませんし、稜線上にも張れそうな場所はありません(水場がないし、悪天時は危険)。

前置きはそれくらいにして、今夏は大学時代の友人夫妻とワタシの3人で幌尻岳に登り、そこから派生するカールを見に行く計画を立てました。この元ワンゲル部の夫婦、マラソンランナーでもありますから、それなりに体力もあって、心強い限りです。

さて金曜夕方のJAL便で千歳に飛び、初日はレンタカーで林道のゲートまで突っ込んで、深夜にテントを張りました。翌日は4時出発、小雨の中、まずは10kmほどの林道歩きです。ところどころでブヨが襲ってくるので、露出度の高い服は避けた方が賢明でしょうね。半パンだったワタシは刺されまくりました。

Jpeg

林道歩きとブヨ払いに疲れてきた頃、仮ゲートから2時間弱で取水施設に到着です。ここから山道&徒渉になりますから渓流シューズに履き替えましょう。山荘まで20数回の徒渉があるそうですが、面倒くさくって数えませんでした。

Photo

この日の徒渉地点は平均して膝くらい、補助棒が置いてある深いところは腰近くまでありましたが、慣れた人には問題はないでしょう。ただ登山靴で渡る人は、濡れた靴のままでは幌尻岳の登り降りに苦労するでしょうね。

Jpeg_4

この川歩きも2時間弱ほどで、8時過ぎに幌尻山荘に到着しました。雨が上がり、雲の切れ目から太陽が顔を覗かせはじめましたので、今度は乾いた登山装備に着替えます。約1時間40分ほどで命の水の水場、そこから2時間ほど、北カールの稜線を反時計回りに歩いてピークに達します。ただ徒渉で冷え切ったせいでしょうか、急な登りで脚がつりそうになって閉口しました。

Photo_2

4時間の登りでも稜線に出てからは天気が良ければ北カールの展望を楽しむことができますし、ガスっていても足元のお花畑に癒されます。

Jpeg_2

今回の山行で最も気にしてたのは、やはりクマさんとの突然の遭遇でしょうね。カールの中をクマさんが歩いていないかなぁ~と目を凝らしていたんですが、それらしき動く物体はついぞ見つけることはできませんでした。

Jpeg_3

だんだん脚がパンパンになり、ペースも落ちてきましたが、山荘から4時間ほどでピークに達しました。今度は東カールが足元に広がります。でも憧れの七ツ沼カールは、まだまだ視界には入ってきません(次に続く)

Photo_3

|

« 矮小歯と正中離開 | トップページ | 幌尻岳をゆく -その2- 七ツ沼カール »

山登り」カテゴリの記事

コメント

すごいですねぇ。渓流シューズ・ザイルで徒渉、アイゼンで雪渓、急な登り、北欧・アラスカのような自然、ブヨに襲われたのは余分でしたが。本当に山登りの全てを味わって来られたようですね。うらやましい限りです。

投稿: ファン | 2010年7月26日 (月) 12時00分

コメントありがとうございました。
今回は気心の知れたベテラン登山者と一緒で、しかも少数精鋭でしたから、順調に登頂することができました。
下山日に某新聞社のツアーのパーティとすれ違いましたが、メンバーの実力がバラバラなような気がして、ガイドさんも大変だろうな・・と感じました。
ともかく一生行けないと思っていた七ツ沼カールで眠れたのは、本当に嬉しかったですね。

投稿: わっぴい | 2010年7月26日 (月) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幌尻岳をゆく -その1- 仮ゲート~幌尻山荘:

« 矮小歯と正中離開 | トップページ | 幌尻岳をゆく -その2- 七ツ沼カール »