« 西国巡礼 -上醍醐寺から石山寺へ- | トップページ | みちのくの城(多賀城、青葉城、盛岡城) »

月山、蔵王山をゆく

金曜日は仕事を終えるとすぐに新大阪駅へ向かいます。今夜は山形までの「のぞみ」と「つばさ」の旅です。
やはり東北は遠いですね。23時半頃にようやく到着しました。

翌朝は鶴岡行きの高速バスに乗り、西川バスストップで下車、ここで西川町営のマイクロバスに乗り換えます。しかし接続時間が1時間ほどあるので、インターチェンジから町内に入って時間つぶし。

50分ほどバスに揺られてようやく登山口の姥沢に到着。昨年に登った大朝日岳ほどではありませんが、公共交通機関を利用しての登山は不便ですね。逆に広い駐車場は百数十台と満車状態でした。

Caanzym4

月山は夏スキーで有名ですが、それもそのはず、ゆるやかな擂り鉢状になった斜面はスキーがしやすそうです。そのゲレンデは紅葉と黄葉が見事でした。

07

リフト終点からまず姥ヶ岳に向かい、月山神社へと続く稜線をゆきます。はるか南方に朝日連峰、眼下には庄内平野山形盆地、関西に住む身にとっては、たおやかな東北の山はまさに非日常の美しい世界でした。

Canfhmwi

翌日は蔵王山へ。

大学1年の2月に秋田のなまはげ、横手のかまくらなど、冬の東北全県を回る旅をしたことがあり、実に35年ぶりの蔵王温泉でした。
当時は東北周遊券というのがあり、急行は乗り放題だったので、1週間のほとんどの夜を夜行列車で過ごしました。例えば盛岡から田沢湖に行くのに、青森~福島の夜行列車に乗り、それから盛岡までの夜行列車で戻るという按配でした。
最初の計画では駅で宿泊する予定だったのですが、待合室を追い出され、時刻表片手に東北本線や奥羽本線の夜行列車に乗りました。その中間過程で蔵王温泉の国民宿舎に泊まり、何日かぶりにお風呂に入ったことが思い出されました。

12_2

ロープウェイに乗って地蔵岳へ。生憎のガスでしたが、熊野岳に上がる頃には晴れ間も出てきて、お釜をゆっくり眺めることができました。

31_4

さすがに刈田岳周辺は車で来る観光客が多くて、現実に引き戻されましたがwww。

刈田岳レストハウスからはバスを乗り継いで仙台に向かいます。今回の旅はお城巡りも兼ねています。

|

« 西国巡礼 -上醍醐寺から石山寺へ- | トップページ | みちのくの城(多賀城、青葉城、盛岡城) »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月山、蔵王山をゆく:

« 西国巡礼 -上醍醐寺から石山寺へ- | トップページ | みちのくの城(多賀城、青葉城、盛岡城) »